【売却初心者必見!】不動産を売却をするには何から始めるべき?

現在住んでいる家は一体いくらで売れるんだろう?

または、相続等で土地を所有しているが、売却の手順がわからない・・・など、不動産を売却する背景は様々です。

大切な不動産の売却は、車の査定依頼とは話が違ってきます。できればご自身の不動産に対し、しっかりとした営業活動やアプローチをしてくれる不動産会社にお願いしたいものですよね。

この記事では、不動産を売る手順や、不動産会社の位置付けなど、売却初心者の方にわかりやすく解説したいと思います。

不動産会社は何をしてくれるんだろう?

f:id:godai_inc:20200830100752j:plain

日本では、家の賃貸、売却、購入をするときは、不動産会社に「仲介」をしてもらうことが一般的です。

個人間売買もゼロではありませんが、交渉や、契約書類の作成など、様々な行為が必要となるので、片手間での個人間売買はおすすめできません。

では、不動産の売却に焦点を当て、不動産会社にお任せをする内容を整理しましょう。

1:不動産の査定

お持ちの不動産の地域での販売実績や、周辺相場をリサーチし、適正な価格を算出します。査定価格に対して、売主側の了承を得た後は、「媒介契約」を締結します。媒介契約を結ぶことで、その不動産に対し、営業行為が可能となります。

2:集客とご案内

広告営業や、不動産情報サイトへの情報公開など、適切な営業をし、お客様に広く周知を図ります。また、検討をしている購入希望者に対し、物件の内見や、周辺環境などの説明をします。

3:売買契約に関しての契約行為

購入希望があった場合に、買主側の事務手続きを行います。また、売主と買主双方で関係している金額交渉、引き渡しや支払い日程などの調整、重要事項と契約書の作成や説明、不動産の引き渡しを行います。

まずは、不動産の査定を不動産会社に依頼しよう

f:id:godai_inc:20200830101127j:plain

上記1の不動産査定にあたります。

不動産会社は、不動産のプロ集団なので、周辺相場や地域の環境など、常に調査をしています。しかし、不動産会社に全てをお任せするというスタンスではなく、ご自身でも相場感を持ち、情報を得た上で、不動産会社に査定依頼をしましょう。双方で協力をするという意識が重要です。

価格が決まったら、売りに出します

上記2の集客とご案内にあたります。

不動産会社に査定依頼をし、売却価格が決まったら、本格的に売り出しに入ります。

居住中でも物件案内が入ることもありますが、その際は、日程と時間の希望を伝えるようにしましょう。また、内見の際、購入者は室内環境を注意して見ることが多いため、日程まで間が空いているようなら、可能な限り整理整頓を心がけてください。

さらに、購入を希望される方は、価格の交渉をする可能性もあります。不動産会社が取り仕切りをしてくれますが、価格交渉の折り合いをつける境界線や、その他の妥協点、また譲歩できない点など、ご自身の意思表示を伝えましょう。

万が一、長期間で買い手がつかない場合は、価格値下げ等のカードを持つことも必要です。

次は契約関係です

上記3の売買契約に関しての契約行為にあたります。

価格交渉も無事に合意が取れ、買主側のローン等も問題がなければ、いよいよ契約となります。多くの中古物件の場合、後のトラブル回避のため、専有部分に欠陥等がある場合は、事前に情報を伝えておきましょう。

その後、不動産会社より重要事項の説明を行い、売買契約を取り交わします。

売主は、このとき、不動産会社に仲介手数料の半額を支払い、購入者は手付金を支払います。

契約日とは別日に引き渡し日を設定します。所有権の移転登記や、抵当権の抹消手続きを行い、登記手続きを完了します。これと同時に、売買価格の残金を受け取ることになります。登記手続き等は、不動産会社が段取りをするので、相談をしましょう。

マンションなら、各設備の連絡先や、マンションの規約等、買主に渡すべきものは、忘れずに渡してください。手続きが終了したら、鍵の引き渡しをし、無事売買契約終了となります。

まずはお近くの不動産会社へ

コンビニよりも不動産会社の方が多いのではないかと言われている程、多くの不動産会社が存在しています。多店舗展開をしてる不動産会社から、地域に根付いている不動産会社。現在は、公式サイトを所有している不動産会社も多く、対象地域を掲載しているホームページもあります。ご自身の不動産が対象地域であるかを調べ、問い合わせてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です