コラム

2021年7月14日

中古住宅を解体後に更地で土地売却するメリット・デメリット

中古住宅を売却する際には、解体する必要はあるのでしょうか。築浅の住宅においては建物に資産価値がありますが、古い住宅においては、『古家付き土地』という形で販売されるのが一般的です。

中古住宅を解体するメリットは?

古い住宅の場合は、建物自体に価値がなかなか付きません。その場合、『古家付き住宅』として販売することができます。

しかし買手からすると、購入後に解体する手間がかかりますし、土地の形状もわかりづらいので、なかなか購入に前向きになりません。

その点、中古住宅を解体してから販売すると、土地の買い手がつきやすい為、早期売却が期待できることがメリットです。

中古住宅を解体するデメリットは?

一見解体することにメリットしかないように感じますが、デメリットも存在まします。

木造住宅の解体にかかる費用は一般的に80万〜300万円ですが、必ずしも売却価格に転嫁できるとは限りません。土地値は土地値で平均相場が決まっていますので、解体費用をそのまま上乗せしたとしても、うまくその金額でまとまるとはかぎらないからです。

また、解体することで固定資産税が跳ね上がることも忘れていけません。

住宅が建つ土地には、固定資産税が最大1/6になる優遇措置が取られています。売却までに時間がかかってしまう場合は、固定資産税が3〜4倍になり負担が大きくなってしまうことも念頭に置いておくべきです。

解体について詳しくは↓

>> 伍代解体

まとめ

いかがでしたでしょうか。

売却時に解体を行うことは、早期売却をきたいできる為メリットも大きいですが、販売活動が長期化してしまうと、売主に負担が大きくなるこも念頭において慎重に行動するようにしましょう。

Translate »