『店頭販売の限界と価格差についての論文』

どうも、経済薄口評論家の伍代です。

先日、ホームセンターで、水槽のろ過フィルターを買いました。

お徳用セット三個で980

でも、同じものがAmazon600

 

 

どうしますか?

もう、世の中のモノの値段は分からなくなってきました。

最近、全国チェーンの100円ショップに行きました

皆さん、もう一度行ってみて下さい。

あの時より、確実に商品増えてます。

更に、あのメジャー商品が100円

そして、激安の殿堂もそう

あのメジャー商品が『この値段』

あっ!

話し飛びます

『ニトリ』

キャッチコピー

『お値段以上ニトリ』

 

と思ってました。

そうしたら、あれ

 

『お!ねだん以上 ニトリ』

だったんですね。

話を戻します。

 

要は、同じものを高く買ってしまうことを避けなければなりません。

そこで、いま弊社が開発しているのが、モノのねだんを調べるアプリです。

 

それも、生鮮、鮮魚、日常雑貨、衣類などの、

より、生活に寄り添った最強のアプリです。

今年、秋に発表予定!!